ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 南の八幡神社社叢
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 南の八幡神社社叢

南の八幡神社社叢

【解説】
本社叢は,社殿周辺部と延長500mに及ぶ参道部の二部分からなる。社殿付近には胸高幹囲2m以上のスギ・モミ・クロマツ・ヤマモミジなど約20本がほぼ一団をなす。参道にも同様な幹囲のスギ・モミ・アベマキ・クロマツなどが並木をなしており,胸高幹囲2m以上の大樹だけでもその数は50本の多きに達する。わけてもモミは胸高幹囲5.02m,4.81m,アベマキは4.05mに達する県内有数の巨樹である。
元亨元年(1321),蔀山(しとみやま)城の城主山内首藤通資(やまのうちすどうみちすけ)が,鶴が岡八幡宮を当地に祭るにあたって,植樹したと伝えられる。

名称南の八幡神社社叢
よみがなみなみのはちまんじんじゃしゃそう
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市高野町
員数
指定年月日昭和34年10月30日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「三次駅」から「高野方面行」バスで「上市」下車,南へ約1km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。