ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 竹仁のシャクナゲ群落
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 竹仁のシャクナゲ群落

竹仁のシャクナゲ群落

【解説】
ホンシャクナゲは本州中部地方以西,四国ならびに九州に分布し,淡紅紫色の花をつける。普通,渓谷崖上などに生育しているが,本群落のように広大な地域を占め,雑木林の中に天然のままに生育して,密度もかなり高い例は稀れである。よく生育したものは樹高3m余にも達する。

名称

竹仁のシャクナゲ群落

よみがな

たけにのしゃくなげぐんらく

指定

県指定

種別

天然記念物

種類

 

所在地

東広島市福富町

員数

 

指定年月日

昭和26年4月6日

構造形式

 

法量

樹高3m余

公開状況

毎年5~6月に公開

交通案内

○JR「西条駅」から「上竹仁方面行」バスで「上竹仁」下車,北へ約2km

関連施設

名称

 

開館時間

 

休館日

 

入館料

 

所在地

 

電話番号

 

交通案内

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。