ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 千葉家庭園

千葉家庭園

【解説】
千葉家住宅は旧山陽道海田宿にあり,旧山陽道に面した北部に主屋と書院の建物が建っている。
千葉家庭園は,江戸時代初期(17世紀)に海田に居を構えた千葉家書院に付属した庭園として江戸時代(1603~1867)の早い時期に営まれた。その後,安永3年(1774)の書院建て替えにともなって改造されたが,築山や滝口などの古い部分は残されている。安永改造の部分は汀石(ていせき)に卓石を使うなど,時代的な特徴が見られるが,手水鉢(ちょうずばち)を兼ねた大きな立石を配するなど,意匠的に見て優れた内容を有している。

名称千葉家庭園
よみがなちばけていえん
指定県指定
種別名勝
種類
所在地安芸郡海田町
員数
指定年月日平成3年4月22日
構造形式
法量
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする