ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 槇ケ原製鉄遺跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 槇ケ原製鉄遺跡

槇ケ原製鉄遺跡

【解説】
豊平町南部の今吉田地区は瀬戸内海に注ぐ太田川の支流の最上流域に当たり,本遺跡は山の西側斜面の中腹に位置する。
平成8年(1996)に(財)広島県埋蔵文化財調査センターによって発掘調査が行われた。
遺跡は,山の斜面を削り出して南北14m,東西8mの作業場を造りだしており,そこから製鉄炉,鞴座(ふいござ),砂鉄置場,鍛冶炉,炭窯が検出された。時期は遺構の構造や地磁気年代測定等により,13世紀中ごろと推定されている。
※鞴座(ふいござ)…火をおこすための送風器(鞴)を置く場所

名称槇ケ原製鉄遺跡
よみがなまきがはらせいてついせき
指定県指定
種別史跡
種類
所在地山県郡北広島町
員数
指定年月日平成9年9月25日
構造形式
法量
公開状況常時公開。ただし、遺跡保存のため埋戻しをしており、実物を見ることはできない。見学者に対しては調査時の遺跡の様子が良くわかるように、写真入りの説明板を設けている。
交通案内広島自動車道、広島北インターチェンジから約9.5km。 広島電鉄「鈴張落合」下車北西へ約1.5km。
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。