ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 犬塚第一号古墳
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 犬塚第一号古墳

犬塚第一号古墳

【解説】
犬塚第1号古墳は,直径約15m,高さ約3mの円墳で,埋葬施設に片袖式横穴式石室をもつ。石室の規模は全体に小振りの作りではあるが,正方形に近い平面の玄室をなし,大きく張りだした片袖部や狭くて短い羨道部や,一部に小口積みをなし持送りの著しい壁面の構成などは古式の特徴を示しており,6世紀前半から中葉にかかる時期と考えられる。石室内からは多数の玉類や耳環,鉄器類(剣など),須恵器が出土した。備後北部への横穴式石室の導入時期や系譜を考える上で重要な古墳である。

名称犬塚第一号古墳
よみがないぬづかだいいちごうこふん
指定県指定
種別史跡
種類
所在地庄原市東城町
員数
指定年月日昭和56年4月17日
構造形式6世紀中頃の円墳,片袖式横穴式石室
法量円墳/径約15m,高さ約3m
石室/全長3.6m,幅1.9m,高さ1.4m
公開状況常時公開
交通案内○JR「東城駅」から「福山行西回り」バスで「休暇村入口」下車,南へ約3.5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。