ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 五龍城跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 五龍城跡

五龍城跡

【解説】
常陸の守護であった宍戸氏が,南北朝時代(1333~1572)に安芸国高田郡甲立に移って拠った山城である。毛利氏の郡山城とは4kmを隔てるのみで,毛利,宍戸両氏の争いが絶えなかったが,元就が和平策をとり,その娘を宍戸元源の孫隆家に嫁して以後,この城は毛利氏の東の藩塀として重きをなした。今日残る山城の規模に整ったのはこのころである。城は,南と北側は江の川,本村川を自然の濠となし,西側には深い堀切を設けている。山城全体の大きさに比べて郭の数は多く,東の尾崎丸から西の本丸に至るまで10余郭が配置されている。また郭の間には,石塁,堀切が各所に存する。

名称五龍城跡
よみがなごりゅうじょうあと
指定県指定
種別史跡
種類
所在地安芸高田市甲田町
員数
指定年月日昭和46年4月30日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「甲立駅」から北西へ約700m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。