ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 頭崎城跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 頭崎城跡

頭崎城跡

【解説】
平賀氏の居城で,大永3年(1523)築城と伝えられる。天文5~9年(1536~1540)に本城を舞台に一族が大内氏と尼子氏に分かれて戦い,また,天文20年(1551)には「頭崎尾頸合戦」などの毛利氏との合戦によって落城している。これらの合戦を契機として,平賀氏は次第に城域を拡大し,改修を加えていったものと推定され,最高所周辺の郭郡の改修時期は、石垣、畝状竪堀群,桝形等の形態から,永禄年間(1558~1570)を中心とする時期と考えられる。

名称頭崎城跡
よみがなかしらざきじょうあと
指定県指定
種別史跡
種類
所在地東広島市高屋町
員数
指定年月日昭和44年4月28日
構造形式
法量
公開状況常時一般公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。