ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 頼惟清旧宅
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 頼惟清旧宅

画像はありません

【解説】
惟清(これすが)は名を又十郎といい,文運の盛んな竹原の町に紺屋を営んでいた。和歌をよく詠じ,天明3年(1783)77歳で没した。その子春水(山陽の父)・杏坪(きょうへい)は,ともに学者として名高く広島藩の儒官となった。また二男の春風は竹原の家を継ぎ,医業をこととした。今日,竹原の旧宅は,頼家発祥の地として旧状を保っている。旧宅は,重層,屋根入母屋造,本瓦葺の主屋と,南に接する単層屋根,切妻造,本瓦葺の離れ座敷からなっており,双方とも塗籠造(ぬりごめづくり)である。主屋の道路側八畳の間が紺屋の店であったものと思われる。

名称頼惟清旧宅
よみがならいこれすがきゅうたく
指定県指定
種別史跡
種類
所在地竹原市竹原町
員数
指定年月日昭和32年9月30日
構造形式母屋/重層屋根入母屋造,本瓦葺,塗りごめ造
離れ座敷/単層屋根切妻造,本瓦葺,塗りごめ造
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「竹原駅」から北へ約1km
○山陽自動車道「河内I.C」から南へ約12km
○広島空港から南へ約16km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。