ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 唐崎常陸介之墓
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 唐崎常陸介之墓

唐崎常陸介之墓

【解説】
唐崎常陸介(1737~1796),名は士愛,号は赤斎という。磯宮八幡(いそのみやはちまん)の神官であり,谷川士清(たにがわことすが)に学んだ。宝暦・明和(1751~1772)のころ,尊王論者として京都・九州の同士の間を往復した高山彦九郎(たかやまひこくろう)と提携して国事に奔走する。寛政8年(1796),60歳のときに自殺した。

名称唐崎常陸介之墓
よみがなからさきひたちのすけのはか
指定県指定
種別史跡
種類
所在地竹原市竹原町
員数
指定年月日昭和17年6月9日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「竹原駅」から北へ約1km
○山陽自動車道「河内I.C」から南へ約12km
○広島空港から南へ約16km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。