ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 亀山弥生式遺跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 亀山弥生式遺跡

亀山弥生式遺跡

【解説】
神辺平野の中央やや北寄りに標高37mの亀山の独立丘陵があり,遺跡はこの丘陵(東西約250m,南北約350m)のほぼ全域に広がる。なお,史跡指定地はこの丘陵の南半部を中心とする地域である。
過去に昭和32年(1957)の日本考古学協会による発掘調査,昭和56~60年(1981~1985)の広島県教育委員会・県立埋蔵文化財センターによる発掘調査が行われている。
遺物包含層の下層からはヘラ描きの沈線文や突帯をめぐらす弥生時代前期後半(紀元前2世紀)の土器が中心に出土し,その上層では櫛描き文様の中期前半(紀元前1世紀)の土器が出土し,ヘラ描き文様から櫛描き文様への転換を示す資料として注目される。丘陵上には弥生時代前期(紀元前3世紀~紀元前1世紀)の三重に巡る環濠(かんごう)や,その内側に弥生時代後期(紀元後1世紀~3世紀)の竪穴住居跡や前期~後期の貯蔵穴などの遺構がある。出土遺物は,土器のほか多量の石鏃(せきぞく),刃器,磨製石庖丁,鑿(のみ)形石斧,環状石斧,磨製石斧など,各種の石器が出土している。備後地方の初期の農耕生活を示す遺跡として重要である。
なお,環濠集落内ではあるが,丘陵の北頂部の第1号古墳(径28m)からは割竹形木棺をもつ粘土槨が検出され,三角板革綴短甲(さんかくいたかわとじたんこう)・鉄剣・鉄刀・鉄槍等が出土した。時期は5世紀前半と考えられる。また,南頂部の第2号古墳(径22m)からは箱式石棺が検出され,鉄器片が出土した。時期は5世紀代と推定される。
そのほか,斜面地を中心に古墳時代~中世(3世紀後半~16世紀)の遺物も出土している。

名称亀山弥生式遺跡
よみがなかめやまやよいしきいせき
指定県指定
種別史跡
種類
所在地福山市神辺町
員数
指定年月日昭和16年3月10日
昭和23年5月14日(名称変更)
昭和24年10月28日(追加指定)
構造形式弥生時代前期(紀元前3世紀~紀元前2世紀ごろ)
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「道上駅」から北へ約600m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。