ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 万福寺跡

万福寺跡

【解説】
世羅町京丸地区の天神社谷の奥まった場所に位置し,小坂山と号す中世の寺院跡と言われる。盆地との比高約50m,三方を丘陵に囲まれれ,南に開けた傾斜地で,寺院跡の位置は明瞭でないが,幅50~60m,奥行約100mの広さがある。現在上手中央の奥まった所に宝篋印塔(ほうきょういんとう)と五輪塔残片があり,南西小祀(しょうし)の付近にも五輪塔,宝篋印塔多数がある。また,この寺跡を囲む東側の丘陵尾根上には,正平12年(1357)の紀年銘をもつ宝篋印塔,西の丘には応安3年(1370)の紀年銘をもつ石造七層塔婆(県重文)などがある。

名称万福寺跡
よみがなまんぷくじあと
指定県指定
種別史跡
種類
所在地世羅郡世羅町
員数
指定年月日昭和15年2月23日
構造形式中世の寺院跡
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「河内駅」から「甲山行」バスで「京丸会館前」下車,北東へ約700m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする