ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 磯宮

磯宮

【解説】
建久5年(1194)宇佐から勧請(かんじょう)したといわれる八幡神社である。
唐崎常陸介(からさきひたちのすけ)はここの神官であり,境内の千引岩に宋の文天祥(ぶんてんしょう)の書を模して,忠孝の二大字を刻した。江戸幕府の威権の盛んな時に尊王思想を明示したものとして注目される。

名称磯宮
よみがないそのみや
指定県指定
種別史跡
種類
所在地竹原市田ノ浦
員数
指定年月日昭和12年5月28日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「竹原駅」から東へ約500m
○山陽自動車道「河内I.C」から南へ約13km
○広島空港から南へ約17km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする