ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 佛通寺文書
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 佛通寺文書

画像はありません

【解説】
佛通寺に伝来した室町時代から江戸時代初頭(14~17世紀前半)にかけての古文書44点。
佛通寺の規式,小早川氏や毛利氏らの禁制,あるいは15世紀中頃の沼田小早川氏による佛通寺経営の実態など多様な内容を含み,学術的にも貴重な文書群である。
佛通寺は応永4年(1397)小早川春平が愚中周及を招いて創建した禅宗寺院である。

名称佛通寺文書
紙本墨書47通
板版刻2枚
書冊7冊
よみがなぶっつうじもんじょ
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地三原市高坂町
員数44点
指定年月日平成9年9月25日
構造形式
法量
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。