ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 法華経版木(三次市吉舎町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 法華経版木(三次市吉舎町)

画像はありません

【解説】
版木の材質は桜で,室町時代(1333~1572)の製作。
収蔵場所は,能引寺と言われる禅宗寺院跡で,南天山城主和智信濃守の開基による仏通寺末黄梅院の支配であったという。永禄9年(1566)小早川隆景が仏通寺に法華経版木を寄進しているが,現在仏通寺には当該版木はなく,あるいは隆景寄進の版木が門末の能引寺に移されたものかとも考えられる。
檜村国郡志書出張によると,この版木は鎮守の四王殿に納められ,この版木が村を出ると異変があると記しており,文政年間(1818~1829)以前のかなり前から同寺に所蔵していたと思われる。

名称法華経版木
よみがなほけきょうはんぎ
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地三次市吉舎町
員数61枚
指定年月日昭和50年9月19日
構造形式版木,材質桜
法量縦25cm,横90cm前後,厚さ2.4~3cm,
刻字面/縦22.5cm,横60cm(30行)と70cm(35行)
公開状況3枚は吉舎歴史民俗資料館で常設展示
残りは常時公開はしていない
交通案内○JR「吉舎駅」から南へ約1km
関連施設名称吉舎歴史民俗資料館
開館時間10時~17時
休館日月曜日,12月28日~1月4日
入館料無料
所在地三次市吉舎町
電話番号0824‐43‐4400
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。