ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(神石郡神石高原町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(神石郡神石高原町)

画像はありません

【解説】
南北朝時代の応安6年(1373)5月頃から永和元年(1375)10月頃までの約2年をかけて完成し,永徳2年(1382)尾道持光寺に納められた経。勧主(勧進元)は,すべて権少僧都阿闍梨(あじゃり)頼喜という僧で,願主は頼喜のほか武士,名主,庶民,僧侶などさまざまな階層の者38人を数える。写経場所は尾道浦の各寺院がほとんどだが,豊後(大分県)などの僧侶の名も見え,港町尾道の活況をも見ることができる。
この大般若経は,奥書の「尾道持光寺常住也」の文字や,これを納める唐櫃の朱書「永徳二年壬戌六月一日」「備後国尾道浦」により,尾道浦の共有として持光寺に置かれていたが,なんらかの経緯をえて,油木八幡神社に奉納されたものと思われる。

名称紙本墨書大般若経
よみがなしほんぼくしょだいはんにゃきょう
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地神石郡神石高原町
員数514巻
指定年月日昭和44年4月28日
構造形式紙本墨書,折本
法量縦27.5cm,横9.2cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。