ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(三次市吉舎町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 紙本墨書大般若経(三次市吉舎町)

画像はありません

【解説】
平安時代の保延4年(1138)播磨国(兵庫県)揖保郡の住人桑原貞助の発願により,同国書写山円教寺(兵庫県姫路市)の僧達が一斉に書写した頓写(とんしゃ)経,いわゆる「円教寺経」で,平安写経の名品の一部である。もとは巻子装であるが,現在は折本装になっている。また,大般若経は本来600巻あるが,25帖だけが伝わっている。
戦国時代の明応2年(1493)守近善秀が願主となって,大慈寺の山麓近くにある吉舎村八幡宮に施入されたと記されている。

名称紙本墨書大般若経
よみがなしほんぼくしょだいはんにゃきょう
指定県指定
種別重要文化財
種類典籍
所在地三次市吉舎町
員数25帖
指定年月日昭和28年4月3日
構造形式紙本墨書
法量
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。