ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 銅鐘(尾道市瀬戸田町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 銅鐘(尾道市瀬戸田町)

画像はありません

【解説】
戦国時代の天文24年(1555)製作の和鐘で,三原鋳物師の製作したものである。撞座(つきざ)には蓮華文を鋳出している。
また,慶長の追銘には,豊臣秀吉の朝鮮侵略の時に供出されようとした本鐘が,町衆の寄附によって免れたことが刻してあり,天文年間(1573~1591年)当時の和鐘様式を良く伝えているのみならず,向上寺自体の歴史を語る資料としても貴重である。
向上寺は臨済宗仏通寺の大通禅師の開山になる寺で,瀬戸田水道北口に位置する。国宝三重塔があることでも著名である。

名称銅鐘
よみがなどうしょう
指定県指定
種別重要文化財
種類工芸品
所在地尾道市瀬戸田町
員数1口
指定年月日平成5年2月25日
構造形式和鐘,撞座に蓮華文
法量総高93.5cm,口径59.5cm
公開状況常時公開
交通案内○瀬戸田港から北東へ約800m
○西瀬戸自動車道「生口島北I.C」から西へ約8km
○西瀬戸自動車道「生口島南I.C」から北へ約9km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。