ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 金銅輪宝羯麿文置説相箱
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 金銅輪宝羯麿文置説相箱

金銅輪宝羯麿文置説相箱

【解説】
福成寺(ふくじょうじ)に伝わる,室町時代末期(16世紀)製作と推定される説相箱。長方形の木製箱で,側面に金銅製の飾り金具が取りつけられている。下部は高台(こうだい)状の脚になっており,格狭間(こうざま)の透かしが入る。底板の四方縁辺部に一・二・三・四の数字が墨書してある。
※説相箱…僧侶が仏教儀式の時に用いる衣や法具,原稿などの必要なものを納めて傍に置いた箱。居箱(すえばこ)とか接僧箱(せっすばこ)とも呼ばれている。

名称金銅輪宝羯麿文置説相箱
よみがなこんどうりんぽうかつまもんおきせっそうばこ
指定県指定
種別重要文化財
種類工芸品
所在地東広島市西条町
員数1合
指定年月日昭和59年11月19日
構造形式木製金銅装
法量縦33.5cm,横24.5cm,高さ11cm
公開状況事前に連絡必要(0824-26-0523)
交通案内○JR「西条駅」から車で20分
○JR「東広島駅」から車で5分
関連施設名称福成寺宝物収蔵庫
開館時間事前に連絡必要
休館日
入館料
所在地東広島市西条町下三永
電話番号0824-26-0523,0824-23-3486
交通案内○JR「西条駅」から車で20分
○JR「東広島駅」から車で5分

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。