ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造阿弥陀如来立像(呉市川尻町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造阿弥陀如来立像(呉市川尻町)

木造阿弥陀如来立像

【解説】
鎌倉時代末期から室町時代(14~16世紀)の作。右手は胸に上げ,左手は垂れ,ともに弥陀の印を結ぶ。法衣は通肩(つうけん)にまとう。像の腹部に見る法衣の翻波(ほんぱ)様の彫法,袂(たもと)のなびきの写実風は,室町時代中期頃(15世紀)を思わす。
この像については,特に光背(こうはい)に見るべきものがある。頭光身光は木彫になり金箔を施す。その外周は金銅板を宝相華(ほっそうげ)唐草文に透彫(すかしぼり)した舟形光背となし,室町時代の金工技法を推知する貴重な作品といえる。

名称木造阿弥陀如来立像
よみがなもくぞうあみだにょらいりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地呉市川尻町
員数1躯
指定年月日昭和60年3月14日
構造形式寄木造
法量像高61cm,頭長13cm,面長8cm,面幅8cm,肩幅20cm,裾幅19cm,光背長90cm
公開状況事前に連絡必要(0823-87-2377)
交通案内○JR「川尻駅」から北東へ約2km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。