ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造天部立像(府中市本山町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造天部立像(府中市本山町)

木造天部立像

【解説】
この2像については,四天王のうち持国天(じこくてん)及び多聞天(たもんてん)との伝承はあるが,各々の両腕を江戸時代(1603~1867)に修復しており,その名称を明らかにするだけの確証はない。ともに平安時代初期(9世紀)の作で,保存は良好である。平安時代から南北朝時代(9~14世紀)にかけて栄えた青目寺(しょうもくじ)の仏像として,見るに足る作品である。

名称木造天部立像
よみがなもくぞうてんぶりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地府中市本山町
員数2躯
指定年月日昭和40年4月30日
構造形式一木造
法量像高118cm,117cm
公開状況事前に連絡必要(雨天等,断られる場合あり)
交通案内○JR「府中駅」から北へ約2.5km
○「本山方面行」バスで「本山」下車,北西へ約1km,又は,「本山峠」下車,西へ約1km
関連施設名称青目寺収蔵庫
開館時間事前に連絡必要
休館日
入館料
所在地府中市本山町
電話番号0847-45-4459(西龍寺)
交通案内○JR「府中駅」から北へ約2.5km
○「本山方面行」バスで「本山」下車,北西へ約1km,又は,「本山峠」下車,西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。