ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造仁王立像(広島市東区牛田新町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造仁王立像(広島市東区牛田新町)

木造仁王立像

【解説】
不動院の楼門にある檜材,玉眼入りの像で,阿形像の像内背板の墨書銘によると,両像とも大願主は円妙房阿闍梨(あじゃり)快賢,仏師は性智房らで,永仁2年(1294)の作であることを伝えている。更に阿形頭部耳後の矧目(はぎめ)に墨書があり,正保2年(1645)に芸州藩主が仏師善助をして,仁王像の両眼を補修したことも記している。鎌倉時代(1192~1332)の在銘の仁王像は全国でも数少なく,時代相をあらわす雄健な作品である。

名称木造仁王立像
像内に永仁弐年の銘あり
よみがなもくぞうにおうりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地広島市東区牛田新町
員数2躯
指定年月日昭和38年4月27日
構造形式檜材,寄木造,玉眼
法量像高282cm
公開状況常時公開
交通案内○アストラムライン「不動院駅」下車,東へ約300m
○「広島バスセンター」又はJR「広島駅」から「戸坂・高陽方面行」バスで「不動院」下車,東へ約300m 
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。