ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造神像
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造神像

画像はありません

【解説】
室町時代の応永12年(1405),和智元実によって寄進された神像。仏師はいずれも源中納言空心と記録されている。僧侶の姿をした八幡神像と女神2像があり,3躯とも彩色され作調は素朴である。3躯ともに底部に墨書銘がある。
田利(たり)八幡神社は上下川沿いの低丘陵斜面にあり,鎌倉時代(1192~1332)に和智氏一族の広沢氏によって勧請されたと伝えられている。

名称木造神像
僧形神座像1躯
女神座像2躯
よみがなもくぞうしんぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地三次市三良坂町
員数3躯
指定年月日昭和33年1月18日
構造形式一木造,彩色
法量僧形神坐像像高48cm,膝張39cm
女神坐像像高45cm,膝張30cm
女神坐像像高38cm,膝張28cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。