ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 僧行賢関係遺品
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 僧行賢関係遺品

僧行賢関係遺品

【解説】
鎌倉時代後期から南北朝時代(13世紀後半~14世紀)にかけて,僧行賢が発願して作ったといわれる石造物群。東広島市高屋町稲木を中心に分布する。行賢については詳細不明である。
廃長楽寺跡にある石造不動明王は船形光背(ふながたこうはい)に陽刻彩色され,元享2年(1322)の銘がある。その簡潔な作風や独自な形式から,行者系彫刻の先駆的なものとして注目される。共存する多聞天(たもんてん)も銘はないが同時の作と考えられる。
ここから西品寺に運ばれた水槽(みずぶね)は石製湯槽とも推測されており,縁上面(ふちじょうめん)に元享2年銘が刻まれている。
稲木西山の廃西福寺跡付近の供養碑(板碑)2基のうち1基には法華経臂諭品(ほけきょうひゆぼん)の一節がある。他の一基は正中2年(1325)銘がある僧入蓮の供養碑である。背後に立つ地蔵菩薩(じぞうぼさつ)像は石に陽刻され背面に暦応4年(南朝年号,1341)銘がある。

名称僧行賢関係遺品
石造不動明王立像1躯
石造多聞天立像1躯
石造地蔵菩薩立像1躯
石造供養碑2基
石造水槽1口
よみがなそうぎょうけんかんけいいひん
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地東広島市高屋町
員数6点
指定年月日昭和31年3月30日
構造形式石造
法量不動明王/像高51cm,高さ82cm
地蔵菩薩像/像高51cm,高さ1m
公開状況常時公開
交通案内○JR「西高屋駅」から西に約1km程度の範囲に点在
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。