ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造狛犬(世羅郡世羅町)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造狛犬(世羅郡世羅町)

画像はありません

【解説】
狛犬は,宮中や神社におかれた守護獣の像で,普通の獅子と一角をもつ獅子の姿に作られ,それぞれ阿吽(あうん)をあらわすのが一般的である。
本像は,かつて大田庄桑原方庄司が治めていた地域の,井原八幡神社の随神門にある。彩色の大部分は剥落し,美しい木目が表れているこの一対は,室町時代(1333~1572)の作品と思われる。

名称木造狛犬
よみがなもくぞうこまいぬ
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地世羅郡世羅町
員数1対
指定年月日昭和30年9月28日
構造形式一木造,彩色
法量像高54cm
公開状況非公開
広島県立歴史博物館にレプリカを展示
交通案内広島県立歴史博物館
○JR「福山駅」から西へ約400m
関連施設名称大田庄歴史館
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日毎月第3火曜日,毎週月曜日(休日の場合は翌日),12月29日~1月3日
入館料一般200円(140円),小人100円(70円)
※( )は20人以上の団体
所在地世羅郡世羅町甲山
電話番号08472-2-4646
交通案内○山陽自動車道「尾道I.C」から車で25分
○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で20分
○「広島バスセンター」から「ピースライナー」(広島~甲奴)バスで甲山下車,約300m

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。