ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造多聞天立像(福山市津之郷町)

木造多聞天立像

【解説】
平安時代初期(9世紀)の優作である。廃和光寺にあった四天王像のうちの1体と言われる。
廃和光寺は出土した瓦から推測して,奈良時代(710~793)の創建と思われる寺院である。周辺は和名類聚抄に載る津之郷の郷名を伝えることなどから,この地に有力な豪族が居住し,和光寺はその氏寺であったことも考えられる。
※和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)…平安時代の百科辞典

名称木造多聞天立像
よみがなもくぞうたもんてんりゅうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地福山市津之郷町
員数1躯
指定年月日昭和29年9月29日
構造形式一木造
法量像高114cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする