ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 絹本著色金岡用兼禅師像
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 絹本著色金岡用兼禅師像

画像はありません

【解説】
戦国時代の永正8年(1511)の描かれた禅師の曲●(きょくろく)に椅座(きざ)する像である。その像の右脇に一本の長杖が描かれている頂相(ちんぞう)である。画面の法衣の筆法は直線的で陰影を与えていないのも製作時代のヒントとも思える。剥落で画様はうすくなっているが,曲●文様も派手な手法であったと推測される。
画面に描き出されている長杖は,現在も同寺に保存されており,木製で肌に一面小突起を彫刻した長さ205cmのもので,この長杖は禅師の常用のものであったと思われる。
製作年次の正確に知られる作品であり,絵画(肖像画)史の正確な基準作品として,本県における貴重な例品である。
洞雲寺は長享元年(1487)厳島神社神主家が金岡用兼を開山として創建した禅宗寺院。
金岡用兼は永平寺再興に尽力し,阿波の守護大名・細川氏からも帰依を受けていた。
●は碌の石へんをはずしたもの

名称絹本著色金岡用兼禅師像
よみがなけんぽんちゃくしょくきんこうようけんぜんじぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地廿日市市佐方
員数1幅
指定年月日昭和60年12月2日
構造形式絹本著色,軸装
法量縦109.2cm,横50.7cm
公開状況5月8日の「花まつり(通称:とおんじさん)」の時に他の文化財とともに一部を公開する。
交通案内○JR「廿日市駅」から北へ約200m
○広島電鉄「廿日市駅」から北へ約400m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。