ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色不動明王像(福山市駅家町)

絹本著色不動明王像

【解説】
室町時代中期(15世紀前半頃)の製作。中央に火炎光を背にする不動明王立像を描き,制多迦(せいたか),矜羯羅(こんがら)の二童子を左右の脇侍に配した三尊形式の構図をとる。色彩及び描線は当初のものをよく残しており,保存も良好である。
不動明王は,如来の使者,真言行者を守護するという性格を持っており,空海・円珍以後平安・鎌倉・室町を通じて流行し,今日に多くの作品を残している。

名称絹本著色不動明王像
よみがなけんぽんちゃくしょくふどうみょうおうぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地福山市駅家町
員数1幅
指定年月日昭和46年4月30日
構造形式絹本著色,軸装,38cm幅と16.5cm幅の画絹を継ぐ
法量縦120cm,横54.5cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする