ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 紙本著色宮景盛像
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 紙本著色宮景盛像

画像はありません

【解説】
戦国時代の永禄10年(1567)に描かれた西城宮氏の当主・宮景盛の肖像画。西城宮氏は,備後に勢力をもった有力な国人領主・宮氏の庶家である。久代(東城町)を本拠としていたが,宮高盛の時に西城大富山城に拠点を移した。
宮上総介景盛は高盛の孫にあたり大富山城の第二代城主である。画の上部には浄久寺二世の覚海禅師の寿像讃があり,それには宮氏は本来藤原姓であるが,高盛の時代に源姓を称したことが記されている。
浄久寺は宮高盛が創建した曹洞宗寺院であり,宮氏の菩提寺であった。

名称紙本著色宮景盛像
よみがなしほんちゃくしょくみやかげもりぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地庄原市西城町
員数1幅
指定年月日昭和45年5月14日
構造形式紙本著色,軸装
法量縦84cm,横43cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。