ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色水野勝成画像

絹本著色水野勝成画像

【解説】
正保2年(1645),水野勝成晩年の姿を描いた画である。大徳寺住職源安の賛がある。
水野勝成は徳川譜代の大名で,元和8年(1627)福山城を築いた。武将として活躍する一方,俳諧(はいかい)などの文学をたしなんだ。福山においても新田開発や城下の建設に意をそそいだ。彼の墓所は,同じ賢忠寺境内にある。

名称絹本著色水野勝成画像
よみがなけんぽんちょくしょくみずのかつなりがぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地福山市寺町
員数1幅
指定年月日昭和28年10月20日
構造形式絹本著色,軸装
法量縦98cm,横46cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする