ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 絹本著色水野忠重画像

絹本著色水野忠重画像

【解説】
水野忠重は三河の国人領主,初代福山藩主・水野勝成の父である。この画像は寛永17年(1640)に水野勝成が画工に命じて描かせたもの。画の上には,勝成の求めに応じた大徳寺住職・宗玩の賛がある。
賢忠寺は,水野勝成が創建した水野氏歴代の菩提寺で,水野氏関係の遺品をいくつか伝えている。

名称絹本著色水野忠重画像
よみがなけんぽんちょくしょくみずのただしげがぞう
指定県指定
種別重要文化財
種類絵画
所在地福山市寺町
員数1幅
指定年月日昭和28年10月20日
構造形式絹本著色,軸装
法量縦120cm,横52.5cm
公開状況非公開
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする