ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 雄橋

雄橋

【解説】
雄橋は,名勝帝釈川の谷(帝釈峡)にかかる石灰岩の天然橋である。全長約90m,幅約18m,厚さ約24m,河床よりの高さ約40mであり,鍾乳洞の一部が残されたものと考えられる。橋背に小径があり,かつて東城から庄原へ通じる旧街道となっていた。規模も雄大で学術上貴重な存在である。

名称雄橋
よみがなおんばし
指定国指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市東城町
員数
指定年月日昭和62年5月12日
構造形式石灰石の天然橋,全長約90m,幅約18m,厚さ約24m,河床からの高さ約40m
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「東城駅」から「庄原方面行」バスで「帝釈」下車,南東へ約1.5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする