ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - ヤマネ

ヤマネ

【解説】
ヤマネは一見リスに似ており,頭胴長約8cm,尾は約5cmで四肢は短い。体の背面は淡いバラ色またはコルク色で,毛の基部は灰黒色である。眼のまわりは黒茶色で,尾は体と同色であるが金色の光沢がある。分布は本州・四国・九州の山岳地帯に広く分布しているが,その分布域は年々狭められている。ヤマネは,一属一種の日本特産動物であり,学術上貴重な種である。

名称ヤマネ
よみがなやまね
指定国指定
種別天然記念物
種類
所在地地域を定めず
員数
指定年月日昭和50年6月26日
構造形式
法量
公開状況
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする