ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 比婆山のブナ純林
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 比婆山のブナ純林

比婆山のブナ純林

【解説】
ブナ林は日本の冷・温帯に発達する代表的森林である。中国地方のブナ林は,海抜約900m以上に発達すると言われているが,山地が一般に低く,早くから開発されたので,脊梁部の高く険しい山々でないとブナ純林を見ることができない。広島県の北東,島根県境にある比婆山は標高1,264m,伊那美尊(いざなみのみこと)の墳墓の伝説をもつ御陵地(県史跡)で,頂上部から山腹一帯約90haの区域にブナ林が茂っている。頂上付近には老大木も少なくなく,純林としての林相がよく整い,わが国西部におけるブナ林として有数のものである。

名称比婆山のブナ純林
よみがなひばやまのぶなじゅんりん
指定国指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市西城町,比和町
員数
指定年月日昭和35年7月15日
構造形式
法量
公開状況常時公開(ただし,冬期は積雪のため,見学困難)
交通案内○JR「備後落合駅」から県民の森まで車で15分(約14km),県民の森から約3km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。