ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 忠海八幡神社社叢
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 忠海八幡神社社叢

忠海八幡神社社叢

【解説】
モッコクは,アジアの暖地固有の常緑広葉樹である。この神社の境内には総数約60本を数えるモッコクが群生し,そのうち目通り幹囲1.20mを越えるものが10本以上もある。いずれも樹勢は旺盛で樹高20m~30mに達し,群落生態学上一つの単位として貴重なモッコクの群叢を形成する。ちなみに最大のものは目通り幹囲1.90mで,モッコクでは県内有数の巨樹である。  

名称忠海八幡神社社叢
よみがなただのうみはちまんじんじゃしゃそう
指定国指定
種別天然記念物
種類
所在地竹原市忠海町
員数
指定年月日昭和11年9月3日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「忠海駅」から北へ約400m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。