ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内

朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内

【解説】
鎖国時代の日本(徳川幕府)にとって朝鮮(李氏朝鮮)は正式な外交のある唯一対等な国家であり,将軍の代替わりのたびに通信使とよばれる使節が訪れた。通信使の経路はほぼ一定しており,鞆には計12回の通信使が宿泊している。福禅寺は弁天島・仙酔島に対する景勝の地にあり,鞆に寄港した朝鮮の正使・副使・従事などの宿所に当てられた。正徳元年(1711)李邦彦の「日東第一形勝」の額をはじめ,寛延元年(1748)洪景海の書する「対潮楼」の書幅など多くの資料が残る。
対潮楼は元禄年間(1688~1703)の創建と言われ,梁間六間,桁行六間半,単層入母屋造り,本瓦葺きの建物である。

名称朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内
よみがなちょうせんつうしんしいせきともふくぜんじけいだい
指定国指定
種別史跡
種類
所在地福山市鞆町
員数
指定年月日平成6年10月11日
平成19年2月6日史跡範囲を追加指定
構造形式本堂/桁行正面3間,背面5間,梁間4間,単層入母屋造,向拝一間付,錣葺,本瓦葺
対潮楼/梁間6間,桁行6間半,単層入母屋造,本瓦葺,客殿造,本堂に接する。
元禄年間(1688~1704)の創建。
法量
公開状況場所:福禅寺
拝観時間:8時30分~16時30分
休日:不定期
拝観料:200円
交通案内○JR「福山駅」から「鞆の浦行」又は「鞆港行」バスで「鞆の浦」下車,南へ約300m
関連施設名称福山市鞆の浦歴史民俗資料館
開館時間9時~17時(10月~3月は16時30分まで)
休館日月曜日(休日の場合は翌日),12月28日~1月3日
入館料一般150円(120円),高校生以下無料
※( )は20人以上の団体
所在地福山市鞆町後地
電話番号084‐982-1121
交通案内○JR「福山駅」から「鞆の浦行」又は「鞆港行」バスで終点「鞆の浦」下車,西へ約150m

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。