ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 三ツ城古墳
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 三ツ城古墳

三ツ城古墳

【解説】
西条盆地の南縁の丘陵端部に,前方部を北に向けて所在する前方後円墳である。全長約92m,前方部幅約67m,高さ約11m,後円部径約62m,高さ約13mで,後円部の背後に径25mの円墳1基(第2号古墳),第2号古墳の周構内に径8×4mの墳丘をもつ第3号古墳がある。
第1号古墳の墳丘は葺石(ふきいし)で覆われ,埴輪を3段にわたって巡らし,東西に造出しがある。後円部頂部には槨(かく)を有する箱式石棺2基,箱式石棺1基の埋葬施設があり,鏡,鉄器(刀・剣・鏃(ぞく)など),銅釧(どうくしろ),櫛,玉類(勾玉・管玉・棗玉(なつめだま)など)が出土した。埴輪には円筒のほか家形・短甲・鶏などがあり,造出しから土師器,須恵器類が出土した。古墳時代中期(5世紀)に築かれた古墳と考えられ,安芸国最大の規模からすると,安芸国を統一する首長の出現を示すものと言える。

名称三ツ城古墳
よみがなみつじょうこふん
指定国指定
種別史跡
種類
所在地東広島市西条中央
員数
指定年月日昭和57年6月3日
平成13年1月29日(追加指定)
構造形式
法量全長92m,後円部径52m,前方部幅約67m,後円部高さ13m,前方部高さ11m
公開状況常時公開(歴史公園として整備)
交通案内○JR「西条駅」から「広島大学行」バスで「中央図書館前」下車(図書館東側)
○山陽自動車道「西条I.C」から車で15分
関連施設名称東広島市立中央図書館-三ツ城ガイダンスコーナー
開館時間10時~18時
休館日月曜日(月曜日が休日の場合は翌日),12月28日~1月3日
入館料無料
所在地東広島市西条中央七丁目
電話番号082-422-9449
交通案内○JR「西条駅」から「広島大学行」バスで「中央図書館前」下車(図書館東側)
○山陽自動車道「西条I.C」から車で15分

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。