ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 新高山城跡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 新高山城跡

新高山城跡

【解説】
本城跡は小早川氏の本拠の城で,16世紀半ば頃に沼田川(ぬたがわ)をはさんで東にある高山城跡から移り,その後三原城に本拠を移すまで使用された城である。城内には匡真寺,能舞台,会所,高間,裏座敷などの施設があったことが『小早川家文書』から確認できる。

名称新高山城跡
よみがなにいたかやまじょうあと
指定国指定
種別史跡
種類
所在地三原市本郷町
員数
指定年月日昭和32年12月11日
昭和55年7月12日(追加指定,一部解除)
平成10年12月8日(追加指定,名称変更)
構造形式
法量
公開状況常時一般公開
交通案内○JR本郷駅から北西へ約2.5kmで、本郷橋から沼田川沿に川上に約800mで登山道
○登山道入口付近に駐車場あり
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。