ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 毛利氏城跡(郡山城跡,多治比猿掛城跡)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 毛利氏城跡(郡山城跡,多治比猿掛城跡)

毛利氏城跡(郡山城跡,多治比猿掛城跡)

【解説】
安芸の国人領主から中国地方有数の戦国大名になった毛利元就に関係する遺跡群である。毛利氏が本拠とした郡山城跡や,元就が幼少の頃過ごしたと伝えられる多治比猿掛城跡からなる。
郡山城跡は,海抜400mの郡山山頂に本丸を設け,その南方に二の丸・三の丸をかまえ,四方に延びる尾根に沿って郭が配されている。山中,山麓には,毛利氏歴代の墓所をはじめ常栄寺,洞春寺(とうしゅんじ),満願寺などの菩提寺の跡がある。これらの諸寺は,毛利氏にともない広島,山口へと移転した。
多治比猿掛城跡は,元就が大永3年(1523)27歳で郡山城に移るまで居住した。城跡は,平地との比高140m,天険によった要害で,本丸・二の丸・三の丸をはじめ数段の郭がある。

名称毛利氏城跡(郡山城跡,多治比猿掛城跡)
よみがなもうりししろあと
指定国指定
種別史跡
種類
所在地安芸高田市吉田町
員数
指定年月日昭和15年8月30日
昭和63年2月16日(追加指定,名称変更)
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○郡山城跡:バス停「安芸高田市役所前」から北へ約1km,JR「向原駅」から西へ約10km,中国自動車道「高田I.C」から東へ約10km
○多治比猿掛城跡:中国自動車道「高田I.C」から東へ約5km
関連施設名称安芸高田歴史民俗資料館
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日),祝休日の翌日,12月28日~1月3日
入館料一般300円(200円),小・中学生150円(100円)
※( )は20人以上の団体
所在地安芸高田市吉田町吉田
電話番号0826‐42‐0070
交通案内○バス停「安芸高田市役所前」から北西へ約600m
○JR「向原駅」から西へ約10km
○中国自動車道「高田I.C」から東へ約10km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。