ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 鋳銅釣燈籠
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 鋳銅釣燈籠

鋳銅釣燈籠

【解説】
銅の鋳物であるこの釣燈籠は,連子窓(れんじまど)を鋳透(いすか)した筒形の火袋の上に,煙出しの孔を半月形に透した花弁形の笠をつけたもので,台の縁は六角形,台下に三足を鋳出し台底に一文字湯口を残している。笠には一面に刻銘がある。南北朝時代の正平21年(1366)に博多商人左近等が厳島神社に奉納したものである。釣燈籠のうち最古の紀年銘があるもので,銘文から考えて,筑前芦屋の鋳物師(いもじ)の作と考えられる。

名称鋳銅釣燈籠
厳島大明神宮燈爐一口筑前国博多講衆等正平廿一年三月三日在銘
よみがなちゅうどうつりどうろう
指定国指定
種別重要文化財
種類工芸品
所在地廿日市市宮島町
員数1基
指定年月日昭和29年3月20日
構造形式
法量高さ28cm,重さ8.4kg
公開状況厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設名称厳島神社宝物館
開館時間8時~17時
休館日なし
入館料一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地廿日市市宮島町
電話番号0829-44-2020
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。