ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 木造不動明王坐像
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 木造不動明王坐像

画像はありません

【解説】
弁髪を結い,両眼を開き,上歯牙を露わす大師様不動明王像の古例である。顔をわずかに右に向ける姿も,東寺講堂像(国宝)に似て古様であるが,整理された量感表現や装飾的な臂釧(ひせん)にみる浅い刻出などから平安時代,10世紀後半の作と推定される。もと京都仁和寺(にんなじ)塔頭(たっちゅう)真乗院に祀られていた。
光背(こうはい)の周緑火焔(かえん)は後補とみられるが,二重円相部に浮彫りされた宝相華(ほっそうげ)文は本体の臂釧の彫りと共通しており,本体と一具同作とみられる。

名称木造不動明王坐像
よみがなもくぞうふどうみょうおうざぞう
指定国指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地廿日市市宮島町
員数1躯
指定年月日平成5年6月10日
構造形式檜材,一本造,彩色
法量本体像高98.7cm,光背高157.0cm
公開状況拝観時間:8時~17時
拝観料:無料
休み:1月末~2月3日の期間は,節分大祭準備のため拝観できない。
交通案内○宮島桟橋から南へ約1.2km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。