ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造狛犬(福山市新市町)

木造狛犬

【解説】
平安時代(794~1191)の作と思われる。
狛犬は,宮中や神社に置かれた守護獣の像で,獅子と狛犬の組合せは平安時代前期に確立したと思われる。一対でそれぞれ阿(あ)吽(うん)をあらわしたものを一対とするのが一般的である。
本品はいづれも対をなすものではなく,かつて対をなしていたものは,何らかの経緯で失なわれたのであろう。

名称木造狛犬
よみがなもくぞうこまいぬ
指定国指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地福山市新市町
員数3躯
指定年月日昭和17年12月22日
構造形式寄木造,漆箔
法量像高/(阿)78cm,(吽)80cm,82cm
公開状況東京国立博物館に貸出中
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする