ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造千手観音立像(尾道市東土堂町)

木造千手観音立像

【解説】
平安時代(794~1191)の作。
千手観音で真数千手のものは数点しかなく,ほとんどが合掌手,宝鉢手の他に両脇に十九本の脇手がある四十二臂(ひ)像がごく一般的である。本像も四十二臂像で,彩色は剥落しているが,かえって木目が美しく効果的にあらわれている。
寺伝では行基菩薩作と言い,向島余崎城主で村上水軍の将鳥居資長が寄進したものと伝え,その念持仏として船中に護持し,風浪を凌いだので,「浪文観音」の俗称もある。

名称木造千手観音立像
よみがなもくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう
指定国指定
種別重要文化財
種類彫刻
所在地尾道市東土堂町
員数1躯
指定年月日明治32年8月1日
構造形式一木造
法量像高106cm
公開状況公開時間:10時~16時(但し前日までに予約が必要)
料金:300円
交通案内○JR「尾道駅」から東へ約450m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする