ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 磐台寺観音堂
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 磐台寺観音堂

画像はありません

【解説】
安土桃山時代の元亀元年(1570)に毛利輝元によって建てられたと伝えられる。阿伏兎(あぶと)岬の高さ10m余の岩頭に建ち,自然と調和して見事な景色をつくりあげている。
禅宗伽藍には珍しい和様で,外部は丹塗(にぬり)で,内部格天井には極彩色で藤井松林が百花図を描いている。当初の平面は正四角形であるが,寛文年間(1661~1673)に堂後方の奥行一間を付け足したという。
※藤井松林(ふじいしょうりん)…江戸時代後期の画家

名称磐台寺観音堂
附棟札3枚(寛文七年八月十日,元文三年五月,安永六年四月各一枚)
よみがなばんだいじかんのんどう
指定国指定
種別重要文化財
種類建造物
所在地福山市沼隈町
員数1棟
指定年月日昭和31年6月28日
構造形式桁行三間,梁間二間,背面一間,通庇,一重,寄棟造,庇葺おろし,本瓦葺
法量
公開状況拝観時間:7時~17時
交通案内○JR「福山駅」から「新川線」バスで「阿伏兔口」下車,南西へ約1km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。