ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 安国寺釈迦堂
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 安国寺釈迦堂

画像はありません

【解説】
旧金宝寺仏殿と伝えられる建物。金宝寺は暦応2年(1339)足利尊氏によって備後安国寺とされた。慶長4年(1599)安国寺恵瓊(えけい)が大修理を加えた。鎌倉時代末期から南北朝時代初期(14世紀前半)の,質実な禅宗様仏殿の形式をよく残している。

名称安国寺釈迦堂
附柱聯1双(慶長四年九月)
よみがなあんこくじしゃかどう
指定国指定
種別重要文化財
種類建造物
所在地福山市鞆町
員数1棟
指定年月日昭和2年4月25日
構造形式桁行三間,梁間三間,一重,入母屋造,本瓦葺
法量
公開状況場所:安国寺
拝観時間:8時30分~16時30分 休日:不定期
拝観料:150円
交通案内○JR「福山駅」から「鞆の浦行」又は「鞆港行」バスで「安国寺」下車,西へ約150m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。