ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 厳島神社多宝塔
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 厳島神社多宝塔

厳島神社多宝塔

【解説】
この塔はほぼ純和様を基調としており,戦国時代の大永3年(1523)創建と伝えられる。重層で屋根は上下とも方形であるが,下層方形の屋根の上にまんじゅう形の亀腹(かめばら)があり,それにつれて上層は柱が円形で配列されている。軸部まわりの組物まで円形で,それから上の大仏様の組物手先は放射状に配され,軒桁で方形に取り合わせている。
多宝塔はインドにおける仏の墳墓であるスツーバ(卒塔婆)から発した塔の一形式で,この塔を特色づける亀腹は墳丘の名残りである。

名称厳島神社多宝塔
附棟札1枚(安永五年四月)
よみがないつくしまじんじゃたほうとう
指定国指定
種別重要文化財
種類建造物
所在地廿日市市宮島町
員数1基
指定年月日明治34年8月2日
昭和38年12月26日(棟札2枚追加指定)
構造形式三間多宝塔,こけら葺,高さ15.6m
法量
公開状況常時公開
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設名称厳島神社宝物館
開館時間8時~17時
休館日なし
入館料一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地廿日市市宮島町
電話番号0829-44-2020
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。