ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 平家納経
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 平家納経

平家納経

【解説】
平安時代後期の長寛2年(1164)9月,平清盛をはじめ,子息重盛,弟経盛・教盛・頼盛など平家一門の人々が一巻ずつ結縁(けちえん)書写して厳島神社に奉納した経典群。
各巻とも金銀の優美な金具で飾られた表紙に,経の大意を描いた美しい見返し絵をつけ,料紙は表裏とも金銀の切りはくをまき,野毛あるいは,あし手を散らすなど意匠をこらしてある。また,水晶の軸に金銀の装飾金具をつけ,螺鈿(らでん)をするなど当時の工芸技法の粋をつくしている。平安時代(794~1191)に流行した装飾経の最高峰をなすものであり,大和絵(やまとえ)の史料としても貴重である。
※平清盛(1118~1181)…平安時代後期の政治家・武将。太政大臣。保元・平治の乱を勝ち抜き,平家政権を築く。

名称平家納経
法華経(開結共)30巻
分別功徳品に平盛国,法師功徳品に長寛2年平清盛,薬王品に平盛信,厳王品に長寛二年平重康の奥書がある
阿弥陀経1巻
平清盛の奥書がある
般若心経(紺紙金字)1巻
仁安二年平清盛書写の奥書がある
長寛二年平清盛願文1巻
金銀荘雲竜文銅製経箱1具
蔦蒔絵唐櫃1合
慶長七年福島正則の寄進銘がある
よみがなへいけのうきょう
指定国指定
種別国宝
種類絵画
所在地廿日市市宮島町
員数1具
指定年月日昭和29年3月20日(重要文化財指定)
昭和29年3月20日(国宝指定)
構造形式
法量
公開状況厳島神社宝物収蔵庫において,定期的に一部を公開
平家納経及び金銀荘雲竜文銅製経箱レプリカは,宝物館で常時公開
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設名称厳島神社宝物館
開館時間8時~17時
休館日なし
入館料一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地廿日市市宮島町
電話番号0829-44-2020
交通案内○宮島桟橋から南西へ約1km

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。