ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 明王院五重塔
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 明王院五重塔

明王院五重塔

【解説】
南北朝時代の貞和4年(1348)住持頼秀のとき,一文勧進小資(いちもんかんじんしょうし)を積んで造られた五重塔。純粋の和様でよく整った外観と雄大な手法によって,南北朝時代を代表する建築の一つと言われている。
内部は一重目中央に壇が設けられ,心柱が二重目から立ち上がる特異な構造である。壇周囲の壁板に真言八祖行状図,四天柱には金剛界三十七尊,なげし天井などには,唐草文・花鳥・飛天などが描かれているが,当初の彩色をこれほどよく残した塔は他に類例がない。
なお,中世の港町・市場町の遺跡である草戸千軒町遺跡(くさどせんげんちょういせき)は,この明王院の東側山麓を流れる芦田川の中州にあった。

名称明王院五重塔
よみがなみょうおういんごじゅうのとう
指定国指定
種別国宝
種類建造物
所在地福山市草戸町
員数1基
指定年月日大正2年4月14日(重要文化財指定)
昭和28年3月31日(国宝指定)
構造形式三間五重塔婆,本瓦葺
法量高さ29.14m
公開状況外観は常時公開(内部は非公開)
交通案内○JR「福山駅」から「尾道方面行」バスで国道2号線の「神島橋」下車,芦田川沿いに南に約800m(芦田川土手から西側の山裾に五重塔が見える)
関連施設名称広島県立歴史博物館
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日(休日の場合は開館),12月28日~1月4日
入館料一般290円(220円),大学生210円(160円)高校生まで無料
※( )は20人以上の団体,企画展・特別展は別料金
所在地福山市西町
電話番号084-931-2513
交通案内○JR「福山駅」から西へ約400m

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。