ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

お知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月14日更新

広島県動物愛護センター

  お知らせ

広島県動物愛護推進員等意見交換会に関するお知らせ

   
 平成28年12月1日(木)に開催した「広島県動物愛護推進員等意見交換会」の中で使用したスライドで,殺処分対象の全頭引取りが「根本的な解決にはなっておらず,当センターにとっては殺処分と同じ」との表現がありました。これは,全頭引取っていただいている団体の行為を否定しているものではありません。収容される犬や猫を減らし,ひいては殺処分の対象となるような犬や猫を減らすとともに,全頭引取っていただいている団体への負担を軽減したいという強い思いからこのように表現したものですが,誤解を招く表現となったことに対し関係者にお詫びいたします。
 
 なお,この意見交換会を開催した趣旨は次のとおりです。
 
 当センターにおいて,殺処分対象となっている犬や猫のほとんどは野良犬・野良猫です。当センターでは,これらを減らすため,現在,推進している「地域猫活動」などの野良犬・野良猫の削減対策を更に進めていく必要があると考えています。そこで,当センターが取り組んでいる野良犬・野良猫の削減対策の内容を,動物愛護推進員の方,管内の団体譲渡登録者の方に,当センターの考え方を理解してもらい,協力していただくため開催したものです。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。