ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

放浪犬の保護

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月29日更新

広島県動物愛護センター

  放浪犬の保護

 放浪犬を放っておくと,人を咬むなどの被害が発生するおそれがありますので,保護して地域の人の安全を守ることが第一です。動物愛護センターでは,各市町役場及び住民からの通報を元に,狂犬病予防法に基づき,鑑札や注射済票が装着されていない犬を保護しています。また,地域住民の協力体制が整っていることを前提として,町内会長や区長等の地域代表者から依頼があった場合に保護機を設置しています。

 ※ 放浪犬とは,迷い犬や野良犬を指します。

 野良犬による迷惑を防ぐために ~地域の方へのお願い~

  動物愛護センターには,「野良犬に追いかけられて危険なので何とかしてほしい。」「野良犬が群れていて怖いので何とかしてほしい。」などの相談が,特に野良犬の多い地域の方から数多く寄せられています。野良犬が多い地域では,野良犬が集まりやすい環境がつくられていたり,飼い犬が適正に飼育されていないことがあります。野良犬による迷惑を防ぐために,これを地域全体の問題としてとらえ,地域で次のようなルールを作って,皆で守りましょう。

 

■野良犬が集まりやすい環境を変えましょう!

1 野良犬に無責任にエサを与えない

2 生ゴミや飼い犬のエサなどを放置しない

3 野良犬の住みかになる場所をつくらない

 

■飼い犬は適正に飼育しましょう!

4 飼い犬は絶対に放さない

(*放すと➡その犬と「外飼いの犬や野良犬」との間に不幸な命を生み出します。)

5 外飼いの犬には必ず不妊去勢手術をする

(*手術しないと➡その犬と「放れた犬や野良犬」との間に不幸な命を生み出します。) 

(回覧用チラシ)野良犬による迷惑を防ぐために ~地域の方へのお願い~ (PDFファイル)(262KB)

 

 

 戻る

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。