ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飼い犬・飼いねこが行方不明になった時は

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月3日更新

広島県動物愛護センター

  飼い犬・飼い猫が行方不明になった時は

●「行方不明になった時は」

 「いつか帰ってくるだろう・・・」と思わず,すぐに次の場所へ連絡してください。

  1. 広島県動物愛護センター
  2. 市役所・町役場
  3. 管轄する警察署

●「迷子にしないために」

  1. 飼い犬には,鑑札,狂犬病予防注射済票を装着してください。
  2. 犬も猫も迷子札をつけ,飼い主さんが特定できるようにしましょう。
  3. 首輪が抜けてしまった時に備えて,マイクロチップの装着を検討してください。

マイクロチップについては,環境省ホームページ「マイクロチップをいれていますか?」をご 覧ください。

  迷い犬,迷い猫の情報

  • 収容した犬猫の情報を,掲載しています。
  • 情報が掲載されていない場合がありますので,必ず電話で確認してください。
    迷い犬について迷い猫について←ここをクリックすると迷い犬,迷い猫の情報をご覧になれます。
  • 種類,体格,年齢については,人により見方が違うこともあります。

  返還の手続きについて

 飼い主さんへ返還する際には,次のものが必要となります。

  • 印鑑
  • 返還手数料 1頭につき2,540円
  • 飼養管理費 1日1頭につき710円

飼いねこ 飼い犬

 

戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。